正しいドライヤーの使い方してますか?

皆さん正しいドライヤーの使い方してますか?

髪を乾かすのは毎日の事!!

ただ乾かすのと、正しい使い方で乾かすのでは髪へのダメージはかなりの差!!

髪の表面はキューティクルと言う硬く透明のたんぱく質で出来た細胞で覆われていて、水や薬剤などの外的刺激から髪の内部を守ってます!しかし、髪が水分を含むとキューティクルは開いてデリケートな状態になっているため、濡れたまま放っておくと髪の内側の水分は失われてパサパサに!

正しいドライヤーの使い方で乾かしましょう☆

①タオルドライである程度乾かす!!

ドライヤーから出る高温の風を長時間当ててしまうと熱で髪を痛める可能性があるのでNG!ドライヤーを使う前にタオルドライである程度乾かしましょう!

正しいタオルドライの方法は、吸水性のいい大きめのタオルを使って髪全体を覆い指の腹で頭皮のマッサージを行うように優しく頭皮の水気をとりましょう!

毛先はタオルで挟み髪の毛先の水分をパンパンと優しく叩くようにタオルで水気をとりましょう!

②ドライヤーの熱から髪を守るために洗い流さないトリートメント使う

洗い流さないトリートメントを使ってから乾かすと髪をドライヤーの熱や乾燥から守ってくれます!

③前髪から乾かす

スタイルの要となる前髪の根元から変なクセがつかないように先に乾かします!乾いてからではクセは治りません!なので濡れてるうちに乾かしましょう!

その後根元から全体を乾かします!ドライヤーの風は15〜20㎝は離して斜め上45°から当てましょう!

ドライヤーの距離が近いと髪の表面温度が100度を超えてしまい、たんぱく質変性を起こして髪のパサつきや枝毛の原因になってしまいます!

④髪の上部から毛先に向かって冷風を当てる

全体的に乾いたらキューティクルの向きに沿って上部から毛先に向かって冷風を当てることで髪のキューティクルが閉じて、髪内部の乾燥を防ぎ、ツヤを出す事ができます!

※髪をストレートにしたい場合は軽く引っ張りながら風を上部から毛先に向かって乾かすと軽いクセは伸び、髪もまとまりのあるストレートに!

以上を踏まえ乾かしてみて下さい^ ^

知ってるのと知らないのでは髪にも大きな差が!!

ご相談、ご予約は下記のボタンからお気軽にどうぞ☆

LINE友達追加

Instagram

ネット予約

カテゴリーhair

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です